心身健康で綺麗生活

ダイエット目的だったけど

体重が増えて、なかなか減らず。

 

なにかいい方法はないかと携帯アプリを検索。

 

最近はダイエットアプリがたくさん出てて、カロリー計算ができたり、体重の増減の記録ができたり。

 

ためしにひとつアプリをダウンロードして、食事の記録とその日の運動、体重と体脂肪をそのアプリに入力し始めました。

 

そのアプリは目標にあわせて、一日の摂取カロリーの目安と運動の目安を表示してくれ、オーバーすると何が多かったかなど教えてくれます。

 

入力し始めて気持ちカロリーに気をつけたり、もう少し運動しようかと意識するようになりました。

 

あわせて万歩計のアプリもダウンロードして歩数も入力。

 

通勤時に30分ほど歩く私は普通でも8000歩は歩いているので、もう少しがんばって1万歩にしようとかがんばると結構消費カロリーが稼げます。

 

ただ、慣れてくるとちょっとズルし始めてしまいまして。

 

消費カロリーのほうは結構まじめに入力していたんですが、食事のほうはちょっとオーバーしそうだなと思うと少なめに入力したり、お菓子食べたのに食べなかったことにしたり。

 

誰に怒られることもないのに、ごまかしてしまってました。

 

そんな感じで、体重は減ることはなかったですが、はじめてみると食べるものと運動と意識できるようになったので、少しはやってよかったかなと思います。

 

アプリの豆知識も役に立ちましたし、もうちょっとがんばってやってみようと思います。

 

ダイエットするなら下半身を鍛えて

 

食事を抜いたり量を減らすことで、ほんの一時なら体重を減らすことはできます。

 

が、もちろんこれは健康にはよろしくありませんし、後で必ずドカ食いする羽目になります。

 

 

とにかく健康的に、そして何より体脂肪を落としたい私は、食事より筋トレしようと思い至りました。

 

基礎代謝を上げるためにも筋肉は必要ですし、長時間のジョギングなどしなくても、屋内で細切れの時間を有効に活用できると思ったからです。

 

 

実際にやってみて思ったのが、効率的にダイエットを行うなら下半身の筋肉を鍛えた方がいいということです。

 

二の腕が気になって上半身を使って筋トレすると、筋肉痛というより疲労感が溜まって毎日なんだかだるくなってしまうのです。

 

それに比べて下半身だと、軽い筋肉痛は起こっても毎日続けることができますし、何より体脂肪に変化が見られたのです。

 

 

人間の筋肉の6割は下半身に集中しているのですから、当然と言えば当然かもしれません。

 

私がやったのは歯磨きをしたり、お皿を洗う時などに欠かさずかかと上げをしたり、5分でも時間があれば、その場でもも上げをしたことだけです。

 

簡単なことだからこそ、続けられるのでおすすめですよ。

 

スキンケアも続けるならカンタンな方がいいですよね。

 

ずぼら主婦でも綺麗になるためにオススメの店舗で買えないオールインワンはこれ